10.自然妊娠は不可能

造影検査の結果を受け、
通っていると思われる卵巣からの排卵を待つタイミング法が始まりました。

はじめの月は
「閉塞している左側の卵巣の卵ちゃんが育ってますね。」
との事。
1日も早く子供が欲しい私としてはがっかりでしたが

先生曰く、通常は左右交互に排卵されるとの事だったので
翌月に期待して過ごすことに♪

そして待ちに待った二回目の周期♪
なんとこの時も
「うーん、また左側の卵が育っているので、左からの排卵ですね。」
と(T_T)

この2周期も特に病院側からは
タイミングの指導やAIH(人工授精)の提案などはなかったのですが
「造影検査の結果は100%じゃない」という先生の言葉や
そうは言っても案外妊娠しちゃうかも♪という淡い期待をもって
主人とタイミングをとってはみていましたが
まったくズレる事無くいつも通りの31日周期でリセットしていまいした(T_T)

そして
私としては嫌な予感しかしない3周期目…
予感は当たり
先生からは
「うーーーーん、左だねぇ。」との言葉
私的にも、もはや
(でしょうね…)

そして、この3週期の結果を受け
先生からは
「これだと自然妊娠はほぼ不可能ですね。人工授精でも意味ないから
体外受精でいきましょう」

との診断。


かつ、
主人の事もあるので顕微授精で治療を開始する事になりました。

毎月楽しみにしてはリセットを繰り返すことで
さすがにこの頃には私自身も不安と焦りを感じるようになってきましたが。
自然妊娠がほぼ不可能と分かった今、なんか今までの事も府に落ちたし

体外受精についても
やるしかない!と、腹をくくりましたw